兵庫県立宝塚北高校(グローバルサイエンス科) 合格

高山 稀匠さん

大阪教育大学附属池田中学校卒業

「先生と二人三脚の喜び」

中2の頃から、なんとなく中だるみをし始めた僕は徐々に成績が落ち始め、3年生になって受けた模試では過去最低な結果しか出せませんでした。「これじゃダメだ」と我に返り、受験まで残り3ヶ月という時、今までの塾をやめて、個別館で僕の弱点の徹底的な指導をお願いしました。そんな短期間で今回の結果が出せたのは、自分のやる気と先生方の熱意が合致したからだと思います。わかり易く、時に楽しく、励ましの言葉も頂きながら、難題を解く喜びを覚えました。

合格アンケート

Q
授業で思い出に残っていることは?
A
問題につまっていたりする時に先生方が個々の話をしてくださりリラックスさせてくれたこと。
Q
成績が上がった勉強法を教えてください。
A
短い期間でなんども同じ問題を復習する。
Q
受験勉強で一番つらかった時期と、その乗り切り方を教えてください。
A
受験前の3ヶ月です。今までサボっていたツケで、基礎は解っていても応用が利かず、自宅で解けなかった問題をチェックしておき、塾で全て教えて頂きました。
Q
将来の夢は何ですか?
A
建築関係か薬剤師
Q
これから受験生を迎える後輩に向けてメッセージをお願いします。
A
ただ塾に行っているという安心感、勉強させられている感を持っているうちは、成績は絶対にのびません。最後は自分のやる気次第です。頑張ってください。

保護者の方より

真面目を心がけても伸び悩む成績、内部進学NGの通告で大きな挫折を味わい、それでも自分自身にプレッシャーを与えながら高い目標に向けて這い上がる力、短い期間に彼自身さまざまなことを学んだと思います。また、子は学び、親は祈り、一心同体で苦しい時を乗り越え、私にとっても大変貴重な経験となりました。